ネットビジネス失敗談から見る失敗者の4つの原因

notebook-581128__180

ネットビジネスを進める上で失敗談というのもよく目にします。
その原因は一体どこにあるのでしょうか?

失敗原因は人により様々ですがその中でもいくつかのパターンがあるようです。

そのパターンから失敗するリスクを押さえて正しい道を進む為の糧にしていきましょう。

スポンサーリンク

ネットビジネスの失敗談は星の数ほどある!?

ネットビジネスと言えば全体の95%がほとんど稼げないと言われるほどの厳しい世界です。
では、なぜそんなにも多くの人が失敗してしまうのでしょうか?

いくつかのパターンがあるようです。

反面、ネットビジネスで成功している人も多数います。
失敗者との違いは何なんでしょうか?
失敗者の特徴から読み取っていきたいと思います。

 

いきなりIT起業

失敗例で表に出やすいのがこの例ですね。
IT系で起業したものの結局うまく行かなくて潰れてしまうというものです。

このタイプはむしろネットビジネスに失敗したというくくりではなくてビジネスそのもので失敗しているわけですが、
今回の話と通じるものがあります。

それは、しっかりとしたビジネスモデルを作れなかったということ。
ネットビジネスで成功するためにはしっかりとしたビジネスモデルを持つ事が重要のようです。

 

変なノウハウに騙される

これが、一時期大量の失敗者を出した原因です。
いわゆる詐欺商材に騙されてしまったわけなんですが、この方々からも失敗のリスクを減らすことの出来る多くのことを学ぶ事が出来ます。

詐欺商材のほとんどは、その商材をどんなに頑張って実践しても稼げないものばかりです。
では、なぜそんなシロモノにお金を出してしまったのでしょうか?

これは、購入者にも少なからず問題があります。
詐欺商材というのは甘い言葉でカモをおびき寄せます。

成功した方々はこういった甘い罠に惑わされること無くしっかりとした人なり商材を自分の目で見つけることが出来たんですね。
いろいろなネットビジネスの成功者の話を聞いていますが、ほとんどの方が初めか早い段階で優秀な指導者に出会っています。

失敗したくなければきちんとした道筋を教えてくれる何かに出会うことが必要不可欠なようです。

⇒アフィリエイトで詐欺商材を掴まない方法

 

ノウハウを消化できない

ノウハウを消化できない。
これも失敗者を大量に出す要因のようです。

有名なノウハウで下克上というものがあります。
そのアンケートに答えた時に驚いたことがあったのですが、確かそのアンケートでは下克上をマスターするまでにどのくらいの期間が必要でしたか?という質問がありました。
そのアンケートではほとんどの方が1ヶ月以内と答えていたんですね。

しかし、実際どのくらい稼いでいますか?という質問ではマスターしたと答えた人の半分近くがほとんど稼いでいないことがわかりました。
私はこの時に、ノウハウの消化は本当に大切なスキルだなと思いました。
実際、ノウハウをしっかりと消化していれば稼げないことは無いです。

ましてや、全然稼いでいないなんてことはありえないです。

良いノウハウと言うのはビジネスモデルを更に具体化したものですからそれにそって行えばしっかり稼げるものなんです。
でも、そのノウハウ自体をしっかりとマスター出来ないと稼ぐことは出来ないようですね。

マスターと言うとなんだか難しい感じがしますが、そこまで難しく考えることは無いということをさっきのアンケートのエピソードが物語っています。
そう、難しくないんです。自分が勝手にマスターしたと思い込まないだけでいいんです。
学ぶ姿勢を持つということは失敗のリスクを下げるようですね。

⇒アフィリエイトで詐欺商材を掴まない方法

作業をやらない

働かざるもの食うべからず

このことわざは現代の最新のビジネス。ネットビジネス界にも通用するようです。
先程はノウハウをしっかりと理解することという話をしましたが、このノウハウをしっかりと理解するだけでは意味はありません。

基本的にビジネスというのは行動をキャッシュに変えることを言うと言っても間違いではありません。
ネットビジネスでも一緒で、行動をしないと一銭にもなりません。

ただ、これが難しいところで初めてネットビジネスを始める人は副業から始めたり、会社勤めの半強制労働に慣れた人ばかりです。
ですのでネットビジネスのやってもやらなくても誰にも何にも言われないという環境で作業を続けるというのは思っているよりも難しいんです。
加えて、ノウハウを一番初めから完璧にこなすことは難しいので初めのうちは成果に比べて作業のほうが多くなってしまいます。
この成果の出ない期間というのがやっかいでこの間にモチベーションが落ちて作業をしなくなってしまう方も多いようですね。

反面、成功している人は口をそろえて

圧倒的な作業量

が必要と言っています。
成功するためには才能や知能よりも作業量の方が重要のようです。

ただ、それがネットビジネスの良いところでもあって、才能は人並みでも成功できると言われています。
さらに、知識は作業や努力でつけることが出来ますから頑張ればがんばった分だけ上に上がれます。

さて、この様に失敗する人の原因を見ていきましたがいかがでしたでしょうか?

失敗する人と成功する人が実は紙一重でちょっとした意識の違いと言う事が見えてきたのでは無いでしょうか?
成功している人は成功するべくして成功して、失敗する人は失敗するべくして失敗しています。

しかし、それは持って生まれた才能やセンスではなく、日々の意識の違いだけです。

もし、あなたが成功したいのであれば今日から少しづつ意識を変えてみてはいかがでしょうか?
そういった一つ一つの積み重ねがいつかあなたを成功に導いてくれると思います。

 

 

スポンサーリンク
メルマガA
メールアドレス必須

お名前(姓)必須
メルマガb

2 Responses to “ネットビジネス失敗談から見る失敗者の4つの原因”

  1. ちょこぶ より:

    こんにちは。

    失敗談とても参考になりました。
    作業をやらないとか、自分が勝手にマスターしたと思い込んでいるとか、ほとんど当てはまっています。
    これからは、考え方を変えて、成功者になるようにしたいですね。

    ポチっと応援していきますね。

    • sei221 より:

      こんにちは。

      私は一部の天才を除いて、みんな可能性に差はないと思います。
      少しの差が成功と失敗を分けていると考えているので、成功する考え方に気づいて行動していきたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ