グリーンカラーやブラックカラーグレイカラー・・他にもたくさんあったww

5カラーレンジャー

ホワイトカラーとかブルーカラーというとかなり浸透していますが、
その他にも色んな色があるようです。

様々な色のカラーについて書いてみました。
シルバーやゴールドと言った方々も進出してきているようですよ?

スポンサーリンク

グリーンカラーなにそれ美味しいの?

ホワイトカラーは頭脳労働。
ブルーカラーは肉体労働。

ではグリーンカラーは?

私はグリーンカレーが大好きです。
ジャスミンタイというお店のグリーンカレーをよく食べます。

しかし、今回はグリーンカレーでは無くグリーンカラーのお話。
グリーンカラーとはある特定の職種に従事する方の呼称なのですが
一体どのような仕事をしている人なのでしょうか?

グリーンカラーとは自然事業を行う方々のことを指します。
以前は、兵士を指す言葉でした(軍服が緑だから)が最近は自然事業を行う方です。

グリーンテクノロジーなんかを行う方々ですよね。

グリーエコノミーの発展が未来の世界を明るくする!グリーンウェーブはもう来ているんだ!

ということのようです。
ホワイトやブルーよりもっと思想的な区分けの用です。

ホワイトカラーやブルーカラーに関しては経済学でもよく語られますが、
グリーンカラーはそういったものとは別のもののようです。

経済学で使われそうなのはむしろグレーカラーのようですね。

グレーカラーとは…

グレーカラーと言うのは簡単にいえばホワイトかブルーかわからない人たちのことです。
例えば、サービス業や生産工場にいるけど生産をしていない人のようなものですね。

ホワイトにもブルーにも入らない仕事のタイプや、
ホワイトでもあるしブルーでもあるというような方々のことを指します。
文字通りグレーなゾーン、はっきりしていないゾーンの方々をグレーカラーと呼んでいます。

さて、世の中には他にもいろんなカラーがあります。

ブラック、シルバー、ゴールド、ピンク

こうしてみると日本では5レンジャーのシリーズがいつの時代もスタンダードな理由がわかる気がします 笑

世界的にも色んな色の名前を付けたがるようですね。
ちなみに、今は使われていませんがレッドカラーは奴隷を指す言葉であったようです。

ブラックカラーというものがありまして、こちらは、最近出来た言葉です。
もともとは、アンダーグラウンドな仕事をするアンダーグラウンドな方をそう呼んでいましたが、
現在では、ブラック企業に勤める方々をそう呼んでいるようです。

ブラック企業で働くこっちの身にもならずに面白おかしく名前をつけやがって><

さらに、シルバーは高齢者で仕事に従事している者。
ピンクは女性の専門職に就いている者を指します。

ちなみに、この呼び方はメジャーでないものや差別的な表現を含んでいるものも多いので、
軽々しく使うのはよしておいたほうがいいと思います。
私も、ここ以外で使うことは無いと思います。

さらに、ゴールドカラーというものも存在しています。
しかも、1980年代にはもうすでにあった言葉で、最近メジャーになりつつある言葉です。

このゴールドカラーは名前の通り素晴らしい方々です。
ゴールドカラーとは世界を股にかけ、自分の能力を駆使し時には企業に属し、
時には自分で事業を展開するというような働き方をする方です。

すごいですよね。
ノマドライフはあこがれの対象ですが、ノマドの中でもさらに選ばれし人間がなるものがゴールドカラーと言えましょう。

私も、自分のスキルを高めてゴールドカラー的な生き方を目指したいと思います。

スポンサーリンク
メルマガA
メールアドレス必須

お名前(姓)必須
メルマガb

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ