他者依存マインドと相互依存状態の違いが重要

7つの習慣

他者依存マインドは絶対にいけないと何記事かまたいで言っていますが、
今回は他者依存マインドとはまた別の相互依存状態の話をします。

相互依存と言うのはなかなか難しい状態ですが、
この状態になるとものすごい気持ちが良いみたいです。

 

以前の記事をまだご覧になっていない方は

⇒他者依存マインドが危険な理由とネットビジネスで稼げる人稼げない人の境界線

⇒他者依存マインドから脱却する方法と7つの習慣

スポンサーリンク

他者依存から自立、自立から相互依存へ

というわけで、今回も7つの習慣から他者依存マインドを抜けだそうと言う話をします。

ただ、今回メインにする相互依存と言うのは、そもそもの概念が難しく、簡単に説明をすると逆に誤解を招くので、
こういうものもあるよ。という概念の紹介にとどめます。

実際、相互依存と言うのはパターンとか言葉で説明するというよりも実際に、人とのコミュニケーションの中で初めて実感出来るものです。

では、始めます。

もともと、7つの習慣と言うのは目標達成の為のプロセスの本です。
他者依存の状態から自立状態、最終的に周りの人と相乗効果を生み出して個人では果たせないような目標も達成できる。

この、他者と協力して相乗効果を生み出すというのが、目標達成の為のゴールと言えます。
そのステップとして、他者依存を抜け出すというところから始めるというわけですね。

段階として、相乗効果を生み出せる人間になるということで自立する必要があるというわけです。
では、自立した人間がどのように相互依存状態を引き出すかを説明します。

 

 

Win-Winの関係を築く

相互依存を生み出すた為に必要なものは、何を置いても信頼関係です。
お互いが信頼し合い、それぞれの長所を遺憾なく引き出すことで、一人ではたどり着けないゴールに辿り着くわけですね。
冒険者のアニメなんかは相互依存をわかりやすく描いているものが多いですね。

到底一人ではたどり着けないし叶わないラスボスに皆で協力して立ち向かう。
わかりやすいですが、そこがいいです。

こういった信頼関係を築くためのステップとして、Win-Winの関係になるというものがあります。
二人の人間が交渉をする時に、どちらも嬉しい結果を見つけるということですね。

Win-Winと言うのはよく使われる言葉です。
これがWin-Loseになると、負けている側からすればこの人とはできるだけ仕事をしたくないと思いますし、
なるべく自分の損失を減らすと言う方向に努力を始めます。これでは、相乗効果は生まれません。

Win-Winこそが相互依存のファーストステップです。

この次が理解してから理解されるです。

 

 

理解してから理解される

理解してから理解されるというのが次の習慣です。
これは、信頼を得なければWin-Winの関係にはならないと言う考え方に基づいています。

人には、人間関係の信頼残高というものがあるという考え方があって、
信頼残高というのは、簡単にいえば相手をどれだけ信頼しているかを数値化したものです。
実際に、あの人は私の信頼残高をどれくらい持っているということはわかりませんが、
何気ない一言で怒ったり、反対に大きな頼み事を聞き入れてくれるというのはこの信頼残高が影響しています。

人は、仲の良い人の頼み事は聞くし、お世話になっている人が困っているときは助けるけど、
嫌いな人や全然知らない人が困っていても喜んで助けてくれはしないということです。

互いに深いコミュニケーションを取ることが、Win-Winの関係を築くために必要になるということですね。

相乗効果を発揮する

相互依存の最後の習慣です。
簡単にいえば、良い化学反応をおこして

1×1=∞

みたいな状態を作るということです。
多人数で仕事を進める時に、それぞれがWin-Winを目指せばいい結果が出るということですね。
そのためにはお互いの信頼関係が必要不可欠で、足りていないと足の引っ張り合いやプライドのぶつかり合いで良い物は生まれないと言うことです。

うまくいかない例としては国会で行われている様々なことを思い浮かべていただければわかりやすいと思います。
あー言う風になるので、初めに自己改革が必要なんですね。

うまくいくケースも非常にたくさんあって、
仕事の大きなプロジェクトや、小さいところでは文化祭の出し物でも相乗効果を発揮するクラスがあるでしょう。

わかりやすいのはスポーツの団体戦ですね。
素晴らしいチームというのは相乗効果を発揮して素晴らしい結果を残します。
色々なスポーツがありますが、世界的に人気が高い競技にチーム戦が多いのはこの相乗効果は見ている人すらも心躍るものだからでは無いでしょうか?

最後に

ここまで、他者依存を早く抜けだそうをいう記事を書いてきました。
いかがでしたでしょうか?

他者依存を抜け出すことで人生が変わるというのもあながち誇大表現出ないということがお分かり頂けたのではないかと思います。

他者依存を抜け出すことは、簡単なことではありませんが、
抜けだした時に得られるものはとてもたくさんあります。

類はともを呼ぶと言いますが、他者依存の人間には他者依存の人間が集まります。
反対に、自立した人間には自立した人間が集まります。
今の人生をもっと良くしたいのであれば、ぜひ、目標をっ持って頑張ってみてください。

きっと、すぐにすばらしい仲間たちに囲まれて今より素晴らしい人生に変わるはずです。

関連記事

⇒他者依存マインドが危険な理由とネットビジネスで稼げる人稼げない人の境界線

⇒他者依存マインドから脱却する方法と7つの習慣

⇒金持ち父さんの内容をわかり易く簡単に!資産構築と労働集約、投資と浪費について

スポンサーリンク
メルマガA
メールアドレス必須

お名前(姓)必須
メルマガb

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ