Seiのプロフィール

スポンサーリンク

Seiのプロフィール

皆さん初めまして。Seiと言います。

私は、ブラック企業に努める28歳の男性です。

 

 

現在私は、毎日働いている間も勤めている仕事とは別に収入を貰っています。

こちらは私がブラック企業で酷使されている間も勝手にお金を生み出してくれています。

おかげで生活の中でのお金の悩みはほとんどなくなりました。

 

 

さらに、毎日希望を持って充実した日々を送ることが出来ています。

例え、ブラック企業に勤めて地獄のような雇用形態の中にあってもです。

 

 

なぜ、私の人生がブラック企業勤めの社畜でありながらこんなにも充実しているのか?

きっかけはあるものとの出会いでした。

 

 

吐き気のするような日常の連鎖

私は、ごく普通の平均以下の生活を送っていました。

小学校の頃から成績は平均以下。

スポーツをやっても平均以下。

おまけにあんまり女性にはモテません。

 

 

小さい頃から特に何か深く考えることもなく、特に将来についてなど考えることなくゲームや小説を読んで暮らしていました。

人生初めての難関と言えば高校受験ですが、その時もそれなりに勉強してまず落ちることないだろう県立高校を受験しました。

ランクは中の下。合格しました。

 

 

その後も、特に将来について考えることもなくやはりのらりくらりと生活をしていました。

高校3年生になり、進学を考える時期になりましたが私は人と話すのが好きだからと言う理由でホテルの専門学校に通うことにしました。

専門学校も無事卒業。

 

 

リゾートホテルに就職が決まり、ホテル内のレストランに配属されました。

リゾートホテルでは良い上司に巡り合い、今までぼ~っと日々を過ごしてきた私にも活が入り仕事に打ち込むようになりました。

この時の上司との巡り合いが無ければ私はそのまま一生をなんとなく過ごしていたかもしれません。

重要な出会いでした。

 

さらに、仕事内容にも充実を感じており特にいろんなお客さんとの会話はとても感性が刺激され楽しいものでした。

特に、リゾートホテルは皆さん日頃の疲れを癒しに来ています。

愉しんだり、くつろいだりという事を目的とされている方ばかりなので仕事へのやりがいも感じていました。

私の社会人1年目は仕事と真摯に向き合う生活であっという間に過ぎていました。

 

 

しかし、その上司が転勤で他の地に行くことになったことから私の生活は一変します。

後任の上司はモンスター上司でした。

ホテルの仕事と言うと会場の準備や接客などが大切な仕事になるのですが、そのモンスター上司は、一切そういった仕事はせずに私たち下っ端がすべて仕事を代わりにやっていました。

何もしないだけならまだ良かったのですが、毎日何かにつけ私たち下の立場の社員を呼びつけ自分の知識を長時間自慢すると言うおまけつきでした。

その動かないモンスター上司がいる時点で人数的にマイナスなのですが、さらにそこからもう一人減ってしまうので仕事の負担が大幅に増えました。

と同時に精神的な負担も増えました。

 

 

当然、モンスター上司ですから手柄は自分のものミスは私たちのものでした。

そんなこともあり、私の先輩の従業員はバタバタと退職していきました。

残された私もかなり参っていました。

 

 

さらに、上司は上層部に気に入ってもらうことを一番の重要事項としていましたので、レストランの雰囲気も変わっていきました。

それからは、お客さんの事は二の次でとにかく利益。生産性が悪いというのがモンスター上司の口癖でおもてなしはどんどんレストランから消えていきました。

「忙しい時は黙っていても客が来るから金払いの良い客だけ取れ」

そういって、夏休みなどのホテルが忙しくなる時期は、“予約は抽選”などと謳い高いプランのお客さんを優先して選ぶようになりました。

 

 

そんな折にリーマンショックが訪れます。

リーマンショックの影響により私たちは残業ゼロになります。

今までは、低い基本給を残業代でカバーしていたので1人で暮らしていくには何とかなるくらいの給料をもらっていました。

しかし、残業代が無くなり給料が手取りで10万を切りました。

 

 

人が好きで入ったホテルでしたがモンスター上司や最悪な状態まで悪化した調理場との関係。

さらに、利益を追求し接客をないがしろにした結果怒り出すお客さんの対応なども頻繁に私がやっていたために、

私は人間不信になりました

 

 

少ない給料と人間不信。それが私が新卒のカードを使って入社3年目に得たものでした。

私は、この時に思いました。

もうここに居てはいけない。

 

 

そう思いホテルを辞め営業に転職します。

足早に決めた転職。

見事に失敗しました。

この営業は多くの支店を持つ自宅訪問型の営業を行う会社でしたが、型にはめたようなブラック企業でした。

朝は、大声で社長の考えた気合の入る言葉を絶叫します。

所長がたまに監視カメラで朝礼の様子を監視しているようで、やる気がない朝礼だと支店長に電話がかかってくるという話でした。

「今日は売るぞー!!頑張るぞ――!!死ぬ気でやるぞー!!」

毎朝、片腕を振り上げながら絶叫するというのがルールです。

これだけでも気が滅入りました。

 

 

しかし、それでも仕事へのやる気はありましたので毎日毎日いろんな方の自宅のチャイムを押しました。

私が営業に転職した頃は夏でしたので体力がどんどん奪われていきました。

おまけに、日に100軒ものお宅に訪問しましたが一向に何一つ売れませんでした。

 

 

売れる手応えどころか返ってくるのはプライベートを邪魔されて不機嫌な断り文句だけ。

 

 

夜7時に支店に戻れば支店長からの小言。売れなかった罰として毎日支店近くの自宅にビラ配りに行きます。

支店の近くでのビラ配りでしたから頑張っても一週間で周辺一帯回り切ります。

ですので、同じお宅に何度も同じビラを配る結果になっていました。

夜8時半ごろにはビラ配りを終えて帰宅していました。

 

 

週に6日間この調子でしたので入社2か月目に倒れます。

 

 

原因は良くわかりませんでしたがめまいの一種だったようで、顔を横に少し振るだけで頭がグワングワン揺れました。

車の運転も出来ないような状態で仕事に行けず、3日休んだところでクビを言い渡されました。

めまいは1か月ほど続きその間は仕事ができない状態。

治った頃には生活費が無く、借金まで出来ていました。

 

 

その後は派遣として車の工場で働きます。

この頃はなかなか楽しかったのですが、やはり正社員として働かなくてはまずいという事で現在の職場に正社員として入ります。

 

 

もう死んだ方がまし…ブラック企業の社畜の末路

新しく、入ったところは産業廃棄物の処理をしているところでした。

もともと、一般的にゴミと呼ばれるものを扱うので職場の環境も良くないのですが、それは仕事。何とか割り切れます。

それを差し引いても、ここは今までの会社など全然ブラックではなかったと確信を持てるほどのブラック企業でした。

 

 

モラル、セクシャル、パワー、マタニティあらゆるハラスメントの総合商社でした。

 

 

私は男性ですが、普通に男性からセクハラを受けます。

かなりの精神的な苦痛です。これはやられなければわからないでしょう。

さらに、パワハラやモラハラは日常です。

 

 

上司がエアガンを自宅から持ってきて部下の目を撃って病院送りにしてもその上司はおとがめ無しでした。

ある時は始業が8時で8時に出勤してきた従業員を遅刻で減給にするという処罰が下った時もありました。

理由は、本当は6時半に来いと言っていたのに遅れたから。と言うものでした。

もちろん、始業前に出勤したから給料が増えるわけではありません。

 

 

そして、この職場では60歳を超える老人も私たちと一緒に働いていますがその方々は私たちより少ない給料でやっています。

今いる会社は年々給料が減っていくシステムです。

もちろん昇給は会社が出来てから一度もないそうです。

 

 

このままこの会社で働き続けたらどうなるのか。

年金が支給されるまで真夏の炎天下の中も雪の降る極寒の中も週6日ゴミをかき分け続ける。

しかも、年々給料は減らされ続けて…

 

 

私は、本気で仕事を見つけることにします。

 

 

現実は甘くない。中途半端なやつは一生底辺

現実は甘くありませんでした。

今まで、中途半端にやってきたつけがもうすでにまわってきました。

 

 

資格なし、コネなし、学歴なし。

おまけに職歴なし。

 

 

これが私の能力です。

 

 

例え、その時の職場で一生懸命働いたとしてもそんなものは無価値です。

思い出くらいにしかなりません。

 

 

私は、もっとしっかりと勉強するべきだったのです。

楽な方に逃げてばかりいた為にどんどん苦しくなっていきました。

もう、こんな生活なら死んだ方がましだ!

本当にそう思いました。

 

 

でも、死ぬ前に1度だけ本気で何かをやってみようと決意しました。

 

 

でも、何を?どうすれば?

 

 

探すことにしました。

 

 

 

雇われじゃなくて経営者になればいい

何をしていいかわからなかった私は、とにかく金持ちの事を調べました。

毎日、仕事から帰ってきてはいろんな本を読みました。

休日も本を読んでいました。

 

 

するとどうやら金持ちになるためには資産構築型のビジネスをすればいいという事がわかりました。

つまり、自分が社畜として働かなくてもお金を勝手に稼いでくれる自動販売機の様なシステムの構築をすればいい。

 

 

さらに、私たちは自分がお金を稼ぐつもりで会社勤めをしていますが、

本当は、その会社の社長を金持ちにするために会社に行っているのでした。

どうりで働けど働けど金が無いわけです。

 

 

さらに、お金も勉強も始めました。

すると私のお金の使い方自体が金持ちになれない使い方だという事もわかってきました。

 

 

お金は払えば消えるもの。

 

 

それが、私の今までのお金の使い方でしたが本当のお金の使い方は、

 

 

お金を払えばもっと大きなお金が戻ってくる。

 

 

と言うのが本当の使い方でした。

 

 

ここまでは分かったのですが、

 

 

どうしたらそのようなお金の使い方が出来るのか?

資産構築型のビジネスはどうやったら始めたらいいのか?

 

 

私の場合、ある出会いがきっかけでその答えにたどり着きました。

 

 

ネットビジネスとメンターとの出会い

私は、脱社畜を目指して調べ続けていました。

そしてある時にネットビジネスの存在を知ります。

 

 

ネットビジネスの世界では会社勤めをしないでも豊かな暮らしをしている人がたくさんいる様でした。

さらに、会社勤めをしながら副業としても稼げるという事で私にも出来るのではないか?ととても興味を惹かれました。

 

 

そして、満を持してある情報を2万円ちょっとで買ってみました。

これならすぐにネットビジネスの上級者になれると販売者のページに書いてあったものでした。

 

 

一通り目を通した後に思いました。

 

無理だ。まったく理解できない。

 

わかりませんでした。

 

 

言っている意味は何となく分かったのですが、その後どうすればいいのか全然わかりませんでした。

 

 

途方に暮れていたころにあるネットビジネス成功者のページにたどり着きます。

そこにはこう書いてありました。

 

 

正しい指導の下、正しい方法で努力すれば必ず成功できるのがネットビジネス

 

 

ネットビジネスの世界は新しく初めても9割が5000円稼げないと言われています。

さらに、3万円稼げるのが3%だとも言われています。

そのことを知っていた私は、なぜこの人はこんなにも自信満々に稼げると断言しているのだろうと思いました。

 

 

ただ、とても説得力があり疑う余地すらないほどでした。

その時は、半ば勢いでその成功者のメールマガジンに登録しました。

 

 

見えた!ネットビジネスの可能性

メールマガジン登録後はそのメールに書いてある様にネットビジネスを進めていきました。

すると、どうでしょうか?

ネットの知識はインターネットで検索するくらいの私でもあっという間にネットビジネスで必要なものを全部そろえて稼ぐ準備が出来てしまいました。

さらに、メールの通りに作業を進めて言った結果。

 

 

始めてすぐに生まれて初めての資産構築型の収入を得ることに成功!

1か月目には9割の壁、5000円を突破する報酬。

2ヶ月目には3万円の壁も突破していました。

 

 

今では、ネットビジネスの可能性を確信し、資産構築の額を増やしブラック企業とおさらばすることを目標に日々取り組んでいます。

 

 

私は週6日ずっとブラック企業で働いています。

学力も才能も特技もない平凡以下の冴えない男です。

当然、コネも金も経験も何一つ持っていませんでした。

 

 

しかし、まだ希望は捨てていません!

まだ、諦めなくていいんです!

 

 

きっと、私と同じように頑張りたい!もっと楽しい人生にしたい!自由が欲しい!と思いながら何をしていいかわからない方が日本にはたくさんいるはずです。

そんな方の力になりたい!

私はそんな思いからこのブログを始めました。

 

 

是非私と一緒に、ブラック企業を抜け出して経済的・時間的・精神的自由を手に入れましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ