オーバーレイ広告の効果を公開します。おすすめはnend?

images

今日は、私の運営しているサイトの広告収入についての記事です。
オーバーレイ広告を利用しているサイトも多く、最近では主流になってきましたね。

今回は私が使っているnendというところのオーバーレイ広告の記事です。

スポンサーリンク

オーバーレイ広告について。

アフィリエイト実践者以外でも使っているブログの収益化の中にクリック型の広告があると思います。

例えば、Googleアドセンスがその代表例だと思いますが、それ以外にもクリック型の広告が存在しています。
私は今のところGoogleアドセンスとnendしか使っていません。

他のクリック型の広告ってクリック単価が低いんですよね。
1クリック1円とか聞くと調べる気も失せます。
現在のところ主にアドセンスを設置して収益化を図っているブログがありますが、そのブログで使用しているもう一つのクリック課金型広告がnendです。

このnendはオーバーレイ広告を使用しています。
Googleアドセンスにもオーバーレイ広告が存在しており、確かアメリカではもう標準装備だった気がします。
日本でもアドセンスのリセラープログラムに参加している方は導入していますね。
ただ、一般公開というか一般アドセンス使用者はまだ使うことが出来ません。

ですので、代替としてnendを使っています。
さて、ここで気になるのがnendの収益についてですよね。

今回は、私が運営しているブログでのnendの効果を公開いたします。

nendはおまけ程度。

結論から言うとnendは一ヶ月にアドセンス収入の1.5日分くらいの収益を稼いできます。
一日単位で見るとアドセンスが1000円ならその20分の1の50円稼いでくるくらいが平均です。

私のブログでは

クリック率が0.209%
1クリックあたりの単価が13円

これが平均です。

いかがでしょうか?
正直、おまけ程度ですね。

この微妙な収益をどう捉えるかはそれぞれの価値観だと思います。
私の場合はそれでもアドセンスのクリック率に変化がなかったのでそのままつけていましたが、若干滞在時間が減った気はします。
というか、ブログの滞在時間が減ったのは事実なのですがオーバーレイ広告をつけたからと言い切れないんですよね。
つけた瞬間に目に見えて下がったわけではないのでなんとも言えないといったところです。

ただ、これを期ににオーバーレイ広告を外してみようかなと思っています。

実際オーバーレイ広告がウザいという感想を持っている人もいるので(実際私もそう思います)、そういった方がすぐに帰ってしまうようならオーバーレイを設置して細々とした利益を取ることが逆にブログ価値を落として損失になっているという可能性もあります。
今回は、オーバーレイ広告の実際の収入という記事でしたが、しばらくしたらオーバーレイ広告を外したことで変化したことという記事も書きます。

もし、これで滞在時間や平均PV数に変化がなければやっぱりまたつけます 笑
そうなりますよね…やっぱり 笑

スポンサーリンク
メルマガA
メールアドレス必須

お名前(姓)必須
メルマガb

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ