自信がない人の心理ブロックは何?自信を持つために役立つ名言集

自信をつけるために必要なこと

自信がない人と自信に満ち溢れている人。
一体どこがどう違うのでしょうか?

その根源となる要因を著名人の明言から読み取りたいと思います。
なぜ、自分には自信がないのか?
その答えが見つかれば素晴らしい未来が開けるかもしれません。

スポンサーリンク

自信のない人の特徴とは?

自信がない人はなぜ自信が無いのでしょうか?
それは、失敗を恐れて行動が出来ずにいるからではないでしょうか?

もし、あなたが自信がなくて積極的に物事に取り組めない性格だとしたらそれはもったいないことです!

あなたにもきっと何かの可能性があります。
あなたが自信を持たずに尻込みしているせいであなたが幸せに出来たはずの沢山の人間がその幸せを逃しているかもしれません。

そんな世界はもったいない!

今回の記事は、そんな方々が自信を取り戻して、本人も周りの人間も幸せになって欲しいと思ったので書きました。

 

世界の成功者はなぜあんなにも自信に満ち溢れているのか?

世界には成功者と呼ばれる人が沢山います。
そういった方々は例に漏れず自信に満ち溢れていますね。

なぜ、成功者は自信に満ち溢れているのでしょうか?

もともと、そういう星の下に生まれつたから?
確かに。そうかもしれません。

しかし、それは彼らが天才だからとか特別だからとか言う意味ではなく、
ある考え方のもとに日々行動した結果に過ぎません。

つまり、どんな人でもある程度の成功を収め自信に満ち溢れた人間になることは出来るのです。

何かをしようとした時、失敗を恐れないで、やってください。失敗して負けてしまったら、その理由を考えて反省してください。必ず、将来の役に立つと思います。(イチロー)

これは、イチローの言葉ですね。
イチローは今や世界でも屈指の実力を持っている野球選手です。
もちろん、こんなイチローでもいろんな失敗を重ねてきています。
イチローが世界トップレベルの選手になれたのは、ここに本質があるのではないでしょうか?

どんどんやってみる、その中で失敗した所を直して将来につなげる。

これこそが、失敗を恐れない力。すなわち自信につながるのです。
自信がない人は、失敗を恐れて前に踏み出せない人ということも出来ます。

一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である(アルバート・アインシュタイン)

アインシュタインもこう言っています。
新しいことに挑戦することがなければ成長はありません。

しかし、それでも失敗ばかりではへこんでしまいますよね?
やはり、成功者は特殊な人ばかりなのでしょうか?

失敗したところでやめるから失敗になる。成功するまで続けたら、それは成功になる(松下幸之助)

松下電器産業の松下幸之助さんです。
失敗したと言って、そこでやめてしまえばそれは失敗のままです。
きっと、自分に自身がない人は何度も失敗をして、何度も諦めてしまったのですね。
そこで、失敗を恐れずに出来るまで頑張ると言う事が成功体験を引き出すようです。
その成功体験こそが自信につながるんですね。

人には器があります。
もし、あなたが彼らの名言を見ても格が違いすぎるから参考にならないと思ったとして、それではいけません。

彼らもいきなりでかいことに挑んでいきなり成功したわけではないのです。
イチローで言えば初めは飛んでくるボールをバットに当てるところから、フライをグローブに収めるところから始めたんです。

自信が無い方は是非、そういった一番初めの一歩からどんどん小さな成功体験を積み重ねていって欲しいと思います。
少しづつです。少しづつ何度失敗しても目標だけを見据えて着実に進んでいくことであなたは自信を取り戻します。

その時にきっと人生は今よりも明るくなるでしょう。

まとめ

失敗は悪いことではない。
成功と失敗は表裏一体ではなく、失敗の先に成功がある。
だから失敗は恥ずべきことではなく、恥ずべきことは失敗を恐れてなにもしないこと。
失敗に挫けて成功する前に諦めてしまうこと。

ぜひ、どんどん挑戦して成功体験を積み重ねて自信に満ち溢れた人間になりましょう!!

スポンサーリンク
メルマガA
メールアドレス必須

お名前(姓)必須
メルマガb

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ