年収1000万は幸せでもない?幸福度グラフから見る相関、年収と幸福度は比例しない!

幸せって何?

幸福度という指数、何かと話題になりますよね?
国ごとや県ごとの指標もありますがその中でも一番関心が高いのが年収毎の幸福度ではないでしょうか?

この幸福度、年収が上がればその分幸福度も上がるものだろうと思いがちですが、
何やらそんなに単純でもないようです。
今回は年収と幸福度の相関を見てきたいと思います。

スポンサーリンク

年収と幸福度の関係をグラフで

まずは、こちらのグラフをご覧ください↓
年収別幸福度のグラフ

さて、このグラフから意外な事実が浮かび上がりました。
それは、年収が上がれば幸福度が上がるという単純な構造にはなっていないということ。

まずは、年収が200万に乗っかったところで一気にポイントが上昇していますね。
ある程度余裕のある生活が確保できた安心感でしょうか?
このくらいの年収が確保できれば生活に苦しいということは少ないですよね。

さらに、年収が400万円に乗っかると更に幸福度が一気に上昇します。
この辺りは国民の世帯あたりの平均年間所得です。平均とはいえ超高所得層も含まれていますから、この辺りまで年収があれば十分平均以上の年収を得ていると考えていいでしょう。
家庭を持っている方にとっても暮らしに困らないくらいの収入です。
今のところ、年収が上がるにつれ幸福度も上がっています。

しかし、400万円を超えてから1000万未満までは幸福度に変化がありません。
今までの年収では収入がそのまま生活の安定につながっていましたが、これ以降は生活はもう十分出来ますのでそこまで幸福度に変化が現れないようです。

それでも1000万円を超えると一気に幸福度が上がります。
年収が1000万円あればもう怖いもんなしって感じですかね 笑
なんとなくで年収1000万円はたどり着きませんから、今までの努力が報われたということで精神的な要素が絡んでいるかもしれません。

しかし、驚くことに年収1000万を境に幸福度が下がっていきます。
お金を稼ぐには他の何かを犠牲にしなければいけません。
お金を取る代わりに他の趣味や家庭を犠牲にしているために幸福度が減少するのでしょうか?

以前に、お金を稼ぐプロのような方の話を聞いて印象に残っている話があります。

「金なんていくらでも稼げるから、金なんてもういらないよ!って思う時が来る。」

いつか言ってみたいですね 笑
ただ、これは事実のようでお金を稼ぐ代わりに色んな物を代償にしなければいけない。
しかし、自分はもう生活に困らないだけのお金を持っているしいつでも稼ごうと思えば稼げる。ということで、仕事に向かうための意欲がわかないということでした。

確かに、それはあるかもしれませんね。
何のためにお金を稼ぐかといえばそれは人生を豊かにするためですからね。
お金を稼ぐことそれ自体が大好きで堪らないという方もいるかもしれませんが、
仕事より自分の趣味や誰かと合う時間の方を優先したいという方のほうが多いはずです。

その辺りが年収1000万以上の幸福度の低下につながっているようです。

さて、それでは年収1000万円以上を稼いでもそれは幸福にはつながらないということでしょうか?
それも、少し違うようです。

年収が多すぎると幸せじゃない?

先ほどのグラフを見ると年収2000万とかもし稼いだとしても別に全然幸せじゃないんだろうか?と思うかもしれません。

しかし、そうではありません。
あの幸福度のグラフは基本的に一日単位と言った短いスパンのものです。
でも、一日に稼いだお金をその日に使わなくてはいけないということはありません。
つまり、沢山稼いでおくに越したことは無いということです。

確かに、年収年千万と稼ぐには毎日馬車馬のように働かなくてはいけません。
しかし、その分早めにリタイアしたり疲れがたまったら一年間まったく働かない年にするなんてことも可能ですよね。
一見、あのグラフを見ると年収は700万くらいがちょうどいいんだなんて思ってしまいますが、
やっぱり、年収は多ければ多いほどいいのだと私は思います。

最後に

このグラフを見て自分の今の幸福度に満足出来ましたか?
もし、あなたが一つ上の年収ゾーンを目指したいけどどうしようも無いと思っているのなら、
ぜひ、私のメルマガを覗いてみてください。
新しい可能性に気づけると思います。

スポンサーリンク
メルマガA
メールアドレス必須

お名前(姓)必須
メルマガb

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ